ブログ

ブログ

脳梗塞後遺症、右半身麻痺に対しての鍼灸リハビリマッサージ治療!!
2021/09/15
脳梗塞後遺症,麻痺・しびれ・拘縮,機能訓練・リハビリ・歩行訓練

お世話になってます。


神戸すみれ治療院の武智です。



今回は脳梗塞後遺症の影響にて出ている右半身麻痺に対しての施術


や僕自身が行なっている治療についてお話します。


半年前に脳梗塞により入院、退院されました。


必死のリハビリ等にて右足首に装具を付けながら歩行が行えています。


ただ足背や足首周囲には浮腫が出ています。


上肢に関しては肘が屈曲している状態で右手首は屈強しておりその


影響もあり、手指は屈曲されています。掌に指先が当たる感じが


有りますが爪跡が残るほどでは有りません。


大きな目標としては肘関節、手首、手指関節の屈曲の緩和、下肢の


浮腫の緩和です。


本人さんの訴えとしては右半身はとんでもなく倦怠感があるとの


事でした。


右半身の麻痺は意図せずにずっと力がはいってしまう状態ですので


血行不良や過度の筋緊張にて倦怠感が出ていると考えています。


鍼灸治療にて筋緊張の緩和と血行促進、各関節の他動運動やストレッチ


を行ない可動域の改善を行う事で倦怠感の緩和を図っています。


↓治療内容の写真






施術後には下肢の浮腫の程度も緩和されますし、上肢に関しては


固まった状態から少しゆとりが出ている事でなんかちょっと違う


なと喜ばれています。


まだ治療開始から1カ月ですが少しずつの変化は出ている様子です。


その少しの変化が生活の中での動きの変化につながる事でさらなる


目標を立てていけることになっていきます。