患者様の声

  • 脊柱管狭窄症・膝の痛みしびれからの解消で階段の上り下りもできるようになりました!!
    • O.Yさん/男性(91歳)
    実際に利用してみて
    脊柱管狭窄症と変形性膝関節症があり、神戸すみれ治療院さんの治療を受けていたお友達よりご紹介いただきました。
    独居で狭窄症がきつく腰の痛みに合わせて下肢のしびれや、長時間の歩行が難しくなっていました。合わせて右変形性膝関節症もあり歩くことだけではなく日常生活が不便となっていました。
    まず、脊柱管狭窄所の痛みやしびれを緩和するため鍼灸治療をしてもらい、右膝置換術後のリハビリも合わせて行ってもらいました。
    治療後3か月ほどで痛みやしびれもなくなり、自宅前の階段の上り下りもできるようになりました。
    今では腰の痛みもなくなり杖なしで歩くことも可能になりました。
    いつも感謝しております。無理せず自然体で健康管理を心がけます。


    治療風景

こんな声も寄せられています

  • 変形性膝関節症による強い痛みから解消されました。
    • T.Mさん/女性(87)
    • 平成29年の1月より治療に伺わせて頂いているT.M様からの声を紹介致します。 訪問開始当初は変形性膝関節症による右膝の強い疼痛、約20年前に交通事故に あわれた時から続く左肩の関節痛に悩まされつつ、外出時には頻繁に転倒して、 さらに怪我を負う等を繰り返してしまう状態でした。 当時は疼痛を庇いながらの生活が辛く、当院を依頼して来られました。 現在のお言葉を頂戴いたしました。 T.Mさん 「鍼灸治療を続けているおかげで、強い痛みを感じずに生活できています。 治療と歩行等の日常のアドバイスをしてくれるのもあって日々安心して過ごしています。」 鍼灸治療を継続して4年が過ぎていますが、現在は大きな痛みが現れる事無く、 以前繰り返していた転倒も無くなり、安全に生活出来ている様子です。
    • ....続きを見る
  • 脳梗塞後遺症・脊柱管狭窄症への鍼灸リハビリマッサージで杖歩行にまで回復!!
    • K・Sさん/男性(76歳)
    • 脳梗塞による左片麻痺で歩行困難になられ、車椅子移動か歩行器での歩行がやっとの状態でしたが、鍼灸リハビリを継続して行った結果、片手杖での自立歩行にまで運動機能が回復しています。
      現在は元々腰痛持ちであった事もあり、軽い脊柱管狭窄の診断も受けている状態で、歩行は出来るものの腰部の怠さに加えて間欠性跛行(一定の距離を歩くと、下肢に痛みや痺れ、疲労感が現れ歩行が困難になる)が現れていますので腰部の治療を主に行っています。患者様は脳梗塞後の治療によって自立歩行出来るまでに回復して生活の質が向上してはいますが、歩行の姿勢等で各部に負担がかかり、行動の幅が広がる事で身体各部に負担がかかる事も増えているのが現実です。
      引き続き、現在の症状、これから現れるであろう問題と上手く付き合いながら、より快適に日常生活を過ごしていただける様にお手伝い出来たらと考えております。
    • ....続きを見る
  • 心地よい感じで治療を受ける事が出来ています。
    • N・Kさん/女性(85歳)
    • 私は腰から右足のしびれに悩まされ、歩くこともままならない生活を送っていました。 2年ほど前までは歩行器を使い何とか近くの病院まで通っていたのですが、 それもできなくなり最近は家族に車で病院まで送ってもらっていました。 しかし家族の事情でそれも出来なくなってしまいました。その際ケアマネさんから健康保険を使って 鍼灸リハビリマッサージを受けられるという事を教えていただき、早速お願いしました。 鍼灸は若い時にした事がありましたが随分久しぶりで、少し怖かったですが痛みもなく心地よい感じで治療を受ける事が出来ています。また、治療と並行して筋肉をつけるトレーニングやリハビリもしてくれて、しびれもマシになってきています。今後も身の回りの事は出来る限り自分でしていきたいので、これからも治療お願いします。
    • ....続きを見る